LEDの種類と構造
表面実装型(SMD)LED

セラミックや樹脂などで成型したキャビティの中にLEDチップを実装し、キャビティに蛍光体を分散させたエポキシやシリコーンなどの樹脂を封入します。キャビティ内側の面には反射板の機能があり、砲弾型LEDと比べ多くの光を取り出せる構造です。 弊社では、表面実装型LED照明を取り扱っています。
表面実装型(SMD)LED

砲弾型LEDとは?
リードフレームと一体化形成したカップ内にLEDチップを実装し、カップ内に蛍光体を分散させた樹脂を封入して、その周りを砲弾型にエポキシ樹脂でモールドした構造です。
砲弾型LEDとは?